●HOME > 診療科のご案内/診療科(一覧) > 呼吸管理睡眠時無呼吸

診療科のご案内

呼吸管理睡眠時無呼吸

外来担当医

京大病院では日本睡眠学会認定医師、呼吸器内科専門医、神経内科専門医、国際的な睡眠技師資格であるRPSGT(Registered Polysomnographic Technologists)取得技師、日本睡眠学会認定技師が協力して、睡眠障害の標準的検査であるポリソムノグラフィーを行っています。

睡眠障害は100種類以上ありますが、最も頻度の高い睡眠時無呼吸症候群を中心に検査を行い適切な治療を選択しています。現在、成人の5人に1人は睡眠中1時間当たり5回以上の睡眠時無呼吸・低呼吸があり、15人に1人は治療対象となる15回以上です。重症の睡眠時無呼吸は脳心血管障害の合併で予後が悪くなり、高血圧や糖尿病のコントロール悪化の原因となり、日中の眠気などの症状のために社会生活が困難になることもあります。毎日、外来を行っていますので、鼾があり、高血圧、糖尿病または肥満傾向などの方で睡眠時無呼吸が心配の方はどうぞ受診してください。

(文責:呼吸管理睡眠制御学:呼吸管理・睡眠時無呼吸外来担当:陳 和夫)

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者さんには鼻マスクを用いたCPAP治療が最もよく処方されます。睡眠中のノドの様子をお示しします。

  1. a. 健康な人は睡眠中もノド(上気道)が開いています。
  2. b. OSAS患者さんでは睡眠中にノドが閉塞します。
  3. c. OSAS患者さんでもCPAPマスクを装着し圧力をかけてやればノドが開きます。

CPAPはとても簡単な原理で病気をなおしてくれる器械です。

検査機器

京大病院南西病棟内 新規睡眠検査病室(写真は2人部屋の1室)
他に個室もあります。

詳細情報

ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。