●HOME > 診療科のご案内/診療科(一覧) > 小児外科

診療科のご案内

小児外科

教授 / 上本 伸二 Prof. Uemoto Shinji
科長…准教授 / 岡島 英明 Associate Professor Hideaki Okajima
外来担当医

アクセス方法

外来へお越しの方…外来棟 1階 総合受付
お見舞いの方………北病棟 3階 ナースステーション

小児外科は名前の通り子供における外科疾患全般を扱っています。つまり、食べ物の通り道に異常がある病気(食道閉鎖症、十二指腸閉鎖症、小腸閉鎖症、直腸肛門奇形(鎖肛)、腸回転異常症、短腸症候群、腸閉塞、ヒルシュスプルング病など)や肝臓、胆道の病気(胆道閉鎖症、総胆管拡張症、肝硬変など)、ヘルニア(ソケイヘルニア、臍ヘルニアなど)、呼吸に関係する病気(先天性横隔膜ヘルニア、漏斗胸、肺分画症など)、泌尿器の病気(停留精巣、包茎、水腎症、膀胱尿管逆流症など)を扱っています。最後の2つの分野では呼吸器外科、泌尿器科と連携しながら診療を行っています。
当院にはNICUも整備され、新生児の様々な疾患に対して、安全な医療を提供できるように小児科、産科と連携をとりながら励んでおります。小児科との連携の下、小児がん(神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、悪性奇形腫、横紋筋肉腫など)や重症心身障害児など難治性疾患の治療にもあたっています。ソケイヘルニア、臍ヘルニアなどの手術は、デイサージェリー手術室を有効に活用しています。
また、小児肝移植術を継続して行っていますが、さらに安全な小児移植をめざして努力しています。

詳細情報

ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。