●HOME > 病院概要/患者の権利と職業倫理 > 京大病院の看護部理念

病院概要

患者の権利と職業倫理

京大病院の看護部理念

看護理念
看護師には、健康を増進し、疾病を予防し、健康を回復し、苦痛の緩和につとめる4つの基本的責任がある。京都大学医学部附属病院看護部ではこの基本的責任を果たすために、人々を全人的にとらえ、その専門性をもって主体的に働きかける。またその看護の実践に当たっては、京都大学医学部附属病院の患者の権利宣言と理念に基づき、看護の提供を行う。

  1. @ 看護師は、常に患者の立場に立ち、その信条、人格、生活、権利を尊重する。
  2. A 看護師は、患者に必要な情報の入手を助け、患者の意志決定を支援する。
  3. B 看護師は、可能な限り高い水準の看護を提供するために、個人としてまた、組織として継続学習を推進する。
  4. C 看護師は、看護実践の水準を高める研究活動を推進し、卓越した診療・教育・研究を行う本院の使命の達成のために協働して取り組む。
  5. D 看護師は、チーム医療の一員として、他部門と信頼関係に基づいた協働を図り、病院運営に積極的に参画する。
  6. E 看護師は、看護活動を通して国民の福祉に貢献する。
  7. F 看護師は、社会的地位の向上のために、積極的に専門職としての活動を行う。
    (ICN看護師の倫理綱領〔2005年ICN:国際看護師協会〕に基づくものである。)
ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。