●HOME > 病院概要/患者の権利と職業倫理 > 京大病院の倫理綱領

病院概要

京都大学医学部附属病院 倫理綱領

(平成19年10月4日制定)
(平成27年10月1日一部改正)

京都大学医学部附属病院(以下、「京大病院」という)は、安全で質の高い医療の提供、意義のある研究の実施、人間性豊かな医療人の育成を使命とし、人々の苦しみを和らげ、人々が健やかに過ごし、人生を全うすることができる環境の実現を目指す。使命を達成するためには、職員一人ひとりが判断の拠りどころとなる基準を考えて身につけている必要があり、その基軸となる考え方を以下に示す。

<京大病院 倫理綱領>

  1. 1. 慈しみの心をもった隣人として患者に接し援助する
  2. 2. 科学的・医学的に妥当で患者の利益に資する医療を提供する
  3. 3. 患者の人格を尊重する
  4. 4. 誠実かつ主体的に行動する
  5. 5. 知識・技能の維持・向上に努める
  6. 6. 同僚や他職種を尊重し、協力体制を築く
  7. 7. 研究を適正に行う
  8. 8. 個人の情報を適切に扱う
  9. 9. 法やガイドライン、院内指針などを遵守する
  10. 10. 社会との円滑なコミュニケーションを推進する
  11. 11. 不適切な行為・不正行為を予防する
  12. 12. 利益相反による弊害を防ぐ
ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。