医師によるカウンセリングの目的と内容

目的

方針イメージ

こどもを産み育てるための卵巣や子宮の機能が備わった女性のからだは、生涯にわたりダイナミックに変化し、こころとからだの健康はその変化に大きく影響を受けることがあります。それに加えて、それぞれのライフステージにおいて女性特有の生活上の悩みや問題が生じることがあります。

「女性の悩みや不安をよくわかってくれる医療の専門家に相談したい。」そういう声にお応えするために、病気のあるなしにかかわらず、どなたでもご本人のお気持ち次第でご相談いただける場をつくりました。女性ヘルスケア診療の経験豊かな産婦人科女性医師がご相談をお受けします。

本相談室は京大病院内の「中央診療センター」に所属し、一診療科としての産婦人科とは別の独立した部門です。いわゆる産婦人科疾患の有無にかかわらず、また診断されている疾病の有無にかかわらず、どなたでもご利用いただける相談室です。

内容

  • 独自の問診票に基づいて、時間をかけてお話をうかがいます

  • 問題点と解決目標をご一緒に整理していきます

  • 医学的な情報を提供します

  • どのような専門家にどのように相談すればよいかもご一緒に考えます(適切にご紹介もします)

  • お薬だけに頼らない健康増進のために、継続的なカウンセリングも行います

対象となる方

こころとからだの健康問題を抱えた女性あるいはそのご家族(年齢・性別は問いません) 

たとえば・・・

  • この不調が、治療するべき病気なのか、病気ではないのかわからない
  • 健康を増進したい
  • 心療内科や精神科に行くのには抵抗がある
  • 産婦人科に行くのには抵抗がある
  • 産婦人科の診察や検査が必要なのか、産婦人科では具体的に何をするのか教えてほしい
  • 将来の妊娠や出産が心配
  • 家族の月経の異常や健康状態が心配、どうサポートすればよいのかわからない

など

ご注意

  • 医師カウンセリングは自由診療です。こちらでは保険診療に相当する検査、処方などは行いません。

  • 診断と治療のために、本カウンセリングとは別の日に保険診療を受けていただくことをお勧めすることがあります。

  • ご家族についてのご相談の場合も「ご来談者」の受診手続き(カルテ記録、領収書発行など)となります。

  • 医師などからの紹介状はとくに必要ありませんが、お持ちになりましたら参考にさせていただきます。

  • 当院入院(保険診療)中の方は対象外になります。保険制度上「混合診療」は禁止されているからです。退院後に受診なさるのは問題ございませんので、予約日にご留意ください。

次のようなご相談は、それぞれの部門にお問い合わせください(当相談室では扱っておりません)

高度先進医療
各診療科にご相談ください
悪性腫瘍治療のセカンドオピニオン
総合案内または地域医療連携室にご相談ください
遺伝カウンセリング
遺伝子診療部にご相談ください

 

よくあるお問い合わせ(FAQ)