技術移転・国際連携部

技術移転・国際連携部

技術移転・国際連携部について

技術移転・国際連携部では、京都大学ライフサイエンス分野 (附属病院研究活動)での研究結果を基に、臨床研究シーズ発掘から特許出願・企業交渉・契約・産業化までのシームレスな技術移転支援を行っています。 さらには国内外の大学病院・研究機関との連携体制の整備を進め、臨床研究シーズのグローバル展開を支援します。

イメージ画像

技術移転・国際連携部の現在の活動と今後の展開

2004年4月より医療開発管理部として、京都大学ライフサイエンス分野 (附属病院 研究活動)での研究成果を基に、特に権利化 (知財出願)後の「権利の活用」や、産学連携活動に従事してきました。今後は臨床研究総合センターの技術移転・国際連携部として、これまでの経験を活かし、研究成果を新規医薬品/新規医療技術に結びつけるべく、国内外の企業、大学との連携、技術移転活動を行って参ります。

京大病院の技術移転・国際連携

京都大学産官学連携本部 (SACI)および「医学領域」産学連携推進機構 (KUMBL)との緊密な連携のもとに、技術移転・国際連携部において、臨床研究に伴う知財マネジメント活動および技術移転活動を一元的に推進しています。また国内および国際医療関連企業との技術移転連携を推進し、臨床評価を含む共同研究契約等、ライセンス活動を行い、研究資力の導入と産業化を支援しています。

シーズ発掘・開発

シーズ発掘・開発

臨床研究シーズに関する情報収集、およびシーズ受入窓口として、臨床応用を展望しうる臨床研究シーズを学内・外から発掘し、その実用化までの開発スケジュール設定と管理を研究者とともに行っていきます。

シーズ発掘・開発 詳細はこちら

知財マネジメント

知財マネジメント

研究成果の資産化に関し、出口 (企業化)をイメージした特許出願前・後にわたる知的財産関連コンサルテーションを行い、知的財産量の増大とその質的向上による知的財産価値の最大化を図ります。

知財マネジメント 詳細はこちら

対外折衝・契約

対外折衝・契約

国内外の大学・企業との連携ネットワークを活用して、大学の臨床研究シーズと企業ニーズのマッチング支援を行います。

対外折衝・契約 詳細はこちら

国際連携

国際連携

国際「学・学連携」に連動して、ライフサイエンス分野 (附属病院臨床研究活動)の国際連携活動、国際産官連携活動に参画します。

国際連携 詳細はこちら

ページの先頭へ