臨床研究ネットワーク

臨床研究ネットワーク

臨床研究ネットワークについて

臨床研究ネットワークとは、臨床研究を行う際に複数の大学や医療機関が手を結ぶ協力体制です。各大学や医療機関が有するインフラストラクチャー・人材・ノウハウなどについて情報交換と交流をおこない、臨床研究の推進と、より良い方法論の発展に寄与することを目指しています。また、多施設共同臨床試験をより円滑に、効率的に進め、研究の成果をより早く社会に還元することを目指します。

開花プロジェクト (Kyoto Alliance For Clinical Achievement)

単独の大学で医薬品・医療機器の開発に必要な人材・設備・ノウハウなどを蓄積することは容易ではありません。また、各大学それぞれに得意分野も異なります。開花プロジェクトとは、京都大学と連携の大学とが共同で臨床研究を行うことにより、両者の臨床研究活動の一層の推進を図る協力プロジェクトです。 協力関係を結ぶ双方の自主性を尊重しつつ、お互いが得意分野で相互に知恵を出し合うことで臨床研究活動の一層の推進を図るとともに、その成果の普及を促進することにより、我が国の臨床研究の発展・継承への寄与を目指します。 現在は、中部から西日本の大学・大学病院を中心に協力関係を構築しています。交流の過程で、どのような機能が必要とされているのかを見出し、新たな支援内容を提案していきます。

開花プロジェクトロゴ

「連携のメリット」
・多施設共同臨床試験の実施により、単施設の試験よりも効率的な試験運営と、より普遍的な結果が得られます。
・各大学で保有するシーズが効率よく臨床応用され、より早く必要な医療ニーズに応えます。
・より多くの医薬品・医療機器開発の経験を積むことで、臨床試験に関する見識が深まります。

協力関係図

「提供できる支援」
●研究育成の資金提供
「シーズAへの応募」や「流動プロジェクトへの応募」を始め、それ以外の研究費など、資金面での支援を行います。
●コンサルテーション業務
中核病院資金がある期間は無料でコンサルテーションを行います。さらに、臨床応用までの開発戦略の提案や、共同開発企業の紹介、臨床研究に関する資料 (手順書など)の提供などを行います。
●臨床研究に関する情報のアナウンス
大学間の臨床研究に関する情報交換と交流を図るため、「研究資金募集に関するお知らせ」や「GCPや各種倫理指針の改訂に関するお知らせ」、「セミナー・シンポジウムの開催のお知らせ」などの情報を定期的にメールで発信いたします。
●人材育成
臨床試験専門職としての教育 (OJT)や各種セミナーを実施し、人材育成に努めます。また、臨床研究一般、GCPに関する教育ツールの提供も行います。

「開花プロジェクト参画をお考えのみなさまへ」
開花プロジェクトは、臨床研究全体のレベルアップを行うとともに、出口 (企業への導出)をしっかりと見据えた臨床研究を通じて新しい医薬品・医療機器の開発と臨床応用を行い、事業終了後も継続的な協力関係を構築してまいります。
貴大学のシーズの応募や多施設共同臨床試験への参加 (開花プロジェクトへの参画)をお待ちしています。

開花プロジェクトへのお問い合わせ mail_icon

臨床研究中核病院整備事業について

臨床研究中核病院整備事業とは、日本発の革新的な医薬品・医療機器の創出を目的に、国際水準の質の高い臨床研究や難病などの医師主導治験、及び市販後臨床研究の中心的役割を担う「臨床研究中核病院」を整備する事業のことで、京都大学医学部附属病院は平成24年に厚生労働省より「臨床研究中核病院」として選定されました。
この選定を受け、臨床研究総合センターでは目標とされる治験ネットワークの促進に取り組むため、企業治験の受託に限定せず、医師主導治験・臨床研究の準備・運営・実施にいたるすべての局面において、共同作業・情報交換・人材育成支援を行い、ネットワーク内部で質の高い臨床研究が行えるよう目指しています。

■京都大学臨床研究中核病院構想
数千規模の病院群における多施設共同研究 / 他施設からの多数のニーズへの支援

臨床研究ハイウェイ

イメージを拡大する

橋渡し研究事業 (文部科学省)のネットワークについて

橋渡し研究 (Translational Research)とは、基礎研究の成果を実際の医療に活用するための橋渡しをする研究のことで、これにより、我が国から世界をリードする独創的先端医学を発出し、必要な医療ニーズにこたえるとともに、創薬による経済効果や新たな産業を創出することを目指しています。 文部科学省では、平成19年度から5年計画で「橋渡し研究支援推進プログラム」事業を開始し、支援を行う機関を拠点として全国7拠点 (北海道臨床開発機構(北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学)、東北大学、東京大学、京都大学、大阪大学、先端医療振興財団、九州大学)の基盤整備を実施してきました。 平成24年度からは、より効率的に有望な基礎研究の成果を臨床へとつなげるために「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」を開始。拠点のネットワーク化を図り、シーズ育成能力の強化および恒久的な拠点の確立を実現するために基盤整備費並びに研究費の支援が行われています。

ページの先頭へ